Imabari Towel Industry Association
Business Skill Test

今治タオル工業組合 社内検定

今治タオル工業組合社内検定とは

当組合の社内検定は厚生労働大臣の認定を取得しています。

今治タオル工業組合社内検定
社内検定の名称 今治タオル工業組合社内検定
認定社内検定の対象職種 タオル製造(製織)、タオル製造(整経)
認定年月 2011年11月
(※2018年にタオル製造(整経)追加)

※ 社内検定認定制度とは ※

社内検定認定制度とは、個々の企業や団体が、そこで働く労働者を対象に自主的に行っている検定制度(社内検定)のうち、一定の基準を満たしており、技能振興上奨励すべきであると認めたものを厚生労働大臣が認定する制度です。
厚生労働省社内検定制度
社内検定認定制度を導入した経緯

「今治タオル工業組合社内検定」は、今治タオルブランドの根幹を支える製造技能の評価や次世代への技能継承を目的としています。 今治タオルのブランディングが始まる前は、今治産地は苦しい時代にあり、産地メーカーには人財を育成する余裕がなく、従業員の採用もできませんでした。しかし、「今治タオル」ブランディングプロジェクトが成功を収める中で産地にも活力が戻り、再び人財育成に力を入れる素地が整いました。産地が生き残るためには「優秀な技術者を育成しなければ」との考えから、社内検定制度を導入しました。

社内検定認定制度を導入した経緯開く

「今治タオル工業組合社内検定」は、今治タオルブランドの根幹を支える製造技能の評価や次世代への技能継承を目的としています。 今治タオルのブランディングが始まる前は、今治産地は苦しい時代にあり、産地メーカーには人財を育成する余裕がなく、従業員の採用もできませんでした。しかし、「今治タオル」ブランディングプロジェクトが成功を収める中で産地にも活力が戻り、再び人財育成に力を入れる素地が整いました。産地が生き残るためには「優秀な技術者を育成しなければ」との考えから、社内検定制度を導入しました。

検定概要について
対象年齢
  • 製織(タオル織機を用いてタオル生地にする)
  • 整経(経糸をビームに揃えて巻き付ける)
試験実績 2020年度までに計(製織9回、整経2回)
2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の為中止しました。
等級
  • 1級(職務経験7年)
  • 2級(職務経験2年)
受験者(累計)
製織 1級 78 2級 64 小計 142 合計 159
整経 1級 8 2級 9 小計 17
合格者
製織 1級 25 2級 31 小計 56 合計 67
整経 1級 5 2級 6 小計 11

社内検定認定制度活用事例はこちら

PDF
検定概要について開く
対象年齢
  • 製織(タオル織機を用いてタオル生地にする)
  • 整経(経糸をビームに揃えて巻き付ける)
試験実績 2020年度までに計(製織9回、整経2回)
2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の為中止しました。
等級
  • 1級(職務経験7年)
  • 2級(職務経験2年)
受験者(累計)
製織 1級 78 2級 64 小計 142 合計 159
整経 1級 8 2級 9 小計 17
合格者
製織 1級 25 2級 31 小計 56 合計 67
整経 1級 5 2級 6 小計 11

社内検定認定制度活用事例はこちら

PDF
社内検定構築の効果・メリット

社内検定を業界団体として検定事業に取り組むことで、タオル製造に必要な技能に対するメーカー間の共通認識が生まれ、産地全体の技術力向上に寄与します。

社内検定導入前
  • 各社ごとの技能指標
  • 人財育成の資源不足
  • 技能レベルの客観的評価ができていない
今治タオル工業組合社内検定
社内検定導入後
  • 業界共通の技能指標(※タオルマイスター)
  • 人財育成とブランド強化
  • メーカーの垣根を越えた技能者の横連携
社内検定構築の効果・メリット開く

社内検定を業界団体として検定事業に取り組むことで、タオル製造に必要な技能に対するメーカー間の共通認識が生まれ、産地全体の技術力向上に寄与します。

社内検定導入前
  • 各社ごとの技能指標
  • 人財育成の資源不足
  • 技能レベルの客観的評価ができていない
今治タオル工業組合社内検定
社内検定導入後
  • 業界共通の技能指標(※タオルマイスター)
  • 人財育成とブランド強化
  • メーカーの垣根を越えた技能者の横連携