NEWS

お知らせ

繊維産業における外国人技能実習制度理解促進セミナーが開催されます

2022年6月10日(金)14時から15時30分まで、今治地域地場産業振興センター(今治市旭町2-3-5)及びオンラインにて経済産業省による「繊維産業における外国人技能実習制度理解促進セミナー」が開催されます。

外国人技能実習制度は、『我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力する』ことを目的として重要な役割を果たしています。一方で、近年では国際的な適切なサプライチェーン管理が求められており、違反事例が散見されることから国内外においてリスクとなる可能性が指摘されています。

特に繊維業界においては、世界的にサステナビリティの機運が高まり、適正な労働環境の整備やサプライチェーンの管理等が求められており、今後、国内外問わず、安全な取引を行うためには、実習実施者による技能実習の適正な実施はもちろん、実習実施者を含めたサプライチェーン全体が制度を十分に理解することが重要です。

外国人技能実習生を受け入れている企業の方だけではなく、監理団体、発注側の企業の方など、幅広く繊維産業に関わる企業の方々が制度理解を深めることができる内容となっております。

<プログラム>
1.繊維産業における外国人技能実習制度に関する現状と課題
ー講演者 経済産業省製造産業局 生活製品課長 永澤剛氏
2.外国人技能実習制度の概要と適正化に向けた課題等
ー講演者 厚生労働省 海外人材育成担当参事官室 技能実習監理官 宮崎千晶氏
3.「技能実習生の在留に関する取組」について
ー講演者 高松出入国在留管理局 入国審査官 田中暢哉氏
4.「外国人技能実習制度活用好事例の紹介」について
ー講演者 責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム 礒貝白日氏
5.質疑応答

定員は会場50名、オンライン200名で参加費は無料です。
協力会社にもお声掛けいただき、是非ご参加ください。
申込締切は2022年6月6日(月)です。

セミナー詳細及び申込方法は四国経済産業局HPを参照ください。
https://www.shikoku.meti.go.jp/01_releases/2022/05/20220517a/20220517a.html